2010年12月29日

【第18回】画面の一部をキャプチャする

今回は、画面の一部をキャプチャする方法をご紹介します。

画面のキャプチャは、Windowsのキー操作でも取得することができます。
まずはその方法を2つご紹介します。

★画面全部をキャプチャする方法★

<手順1>
PrtScキーを押下すると、パソコンの画面全部のキャプチャがクリップボードに格納される。

<手順2>
前回紹介したPictBearのような画像加工ソフトを起動し、クリップボードのキャプチャ画像を貼りつける。

<手順3>
画像加工ソフトにて、キャプチャ画像をjpg形式で保存する。

<取得例>
SD_018_01.jpg

もうひとつ、Windowsのキー操作で画面のキャプチャを取得する方法があります。

★アクティブウィンドウをキャプチャする方法★

<手順1>
Altキーを押しながらPrtScキーを押下すると、パソコンの画面のうち現在アクティブなウィンドウの画像のみがクリップボードに保存される。

<手順2>
先ほどと同じく、PictBearのような画像加工ツールにクリップボードの画像を貼りつけ、jpg形式で保存する。

<取得例>
SD_018_02.jpg

以上は、Windowsパソコンのキー操作で可能な画面キャプチャの取得方法です。


さて、このブログでは、場合に応じてWinShotというキャプチャ取得ツールを使用しています。

例えば、過去にこのブログで掲載したこのような画像の場合です。

SD_015_02.JPG

この画像は、アクティブな画面の一部をキャプチャしたものです。

もちろん、上記の操作でアクティブウィンドウのキャプチャを取得し、その後画像加工ツールで一部のみを切りだすような加工をしても良いのですが、あらかじめ画面の必要な部分のみを取得し画像ファイルで保存できた方が作業が楽ですよね。
WinShotは、そういう画面の一部保存ができるような、便利なフリーソフトなのです。

WinShotは、例えばこちらのサイトから取得できます。
非常に便利ですので、是非一度使用してみて下さい。

  ◆Vector WinShot

さて、このWinShotは様々な使い方がありますが、私が主に使用しているのは、画面の一部を範囲指定で取得し、jpg形式でファイルに保存する機能です。
その設定方法と使用方法を、以下で解説します。

★WinShotで画面の一部を範囲指定するための設定方法★

<手順1>
上記サイトからWinShotを取得し、起動する。

<手順2>
画面右下のタスクトレイにWinShotのアイコンが表示されるので、右クリックし、環境設定をクリックする。

SD_018_03.jpg

<手順3>
表示されるWinShotの環境設定画面にてその他の設定タブを押下し、トレイアイコンのダブルクリック操作JPEGで保存(矩形範囲指定)を選択し、OKボタンを押下する。

SD_018_04.jpg

これで準備完了です。

それでは、実際にWinShotを使ってみましょう。

★WinShotで画面の一部をキャプチャする方法★

<手順1>
WinShotを起動する。

<手順2>
画面右下のタスクトレイにあるWinShotのアイコンをダブルクリックする。

<手順3>
マウスで、画面の取得したい箇所を指定する。
1度目のクリックで範囲指定が開始され、2度目のクリックで範囲指定が完了する。
指定した範囲は赤い枠線が表示される。

SD_018_05.jpg

<取得例>
SD_018_06.JPG

以上が、簡単ですが、WinShotの操作手順です。

このWinShotというソフト、私はもう10年近く使っていますが、本当に便利です。
まだ使ったことがない方は、是非一度使ってみて下さい。

▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼
参考になりましたら
クリック&応援をお願いします
にほんブログ村 ブログノウハウへ
▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲

【PR】FXシステムトレードで着実に利益を重ねる長期資産運用方法o(^0^)o ほくほくFX
【PR】日々の運用成績やユーザーの情報満載のブログo(^0^)o ほくほくポートフォリオ
ラベル:画像 ツール WinShot
posted by o(^0^)o ほくほく at 19:07| Comment(0) | PCブログデザイン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。